PHPの chmod() 関数でファイルのパーミッションを変更しよう!

PHP

chmod() 関数は、指定したファイルのパーミッションを変更します。パーミッションを変更すると、ファイルに対する読み取り、書き込み、実行の権限が変更されます。

使い方

bool chmod ( string $filename , int $mode )
  • $filename: パーミッションを変更するファイルのパス。
  • $mode: 新しいパーミッションモードを 8 進数で指定します。例: 0644

$file = "example.txt";

// パーミッションを変更
chmod($file, 0644); // 644 (所有者に読み取りと書き込みの権限を与え、他のユーザーに読み取りの権限を与える)

注意点

  • パーミッション: パーミッションモードは 8 進数で指定する必要があります。
  • 所有者: ファイルの所有者と実行中の PHP プロセスのユーザーに対する権限が必要です。

まとめ

chmod() 関数を使えば、ファイルのパーミッションを簡単に変更できます。ファイルへのアクセス権を制御したい場合に役立ちます。

タイトルとURLをコピーしました